湖国にてアロマテラピーをもちい、ヒトの体に触れるお仕事をしています。


by mori-no-tane

カテゴリ:アロマテラピー。( 27 )

d0116870_10341610.jpg

こんにちは^^森の種セラピスト今神早苗です♪

ご無沙汰しております。3月になりましたね!
春はすぐそこ。。。
ですがまだちょっと寒い日が続いていますね^^;
季節の変わり目、皆様体調など崩されませんように。

春と言えば、花粉症の季節ですね^^;
以前に書いた花粉症対策を参考に、少しでも楽になりますように。。。

さて今日は、紫外線対策のお話です♪
春は真夏にも匹敵するほど、紫外線量の多い季節です!
UVケアを心がけ、楽しい春になりますように^^

長文ですので、続きはこちらに♪♪♪
[PR]
by mori-no-tane | 2013-03-05 10:38 | アロマテラピー。
※しばらくこちらのページをトップページにしています!
最新の日記は、この下のページです^^
d0116870_1031206.jpg

こんにちは^^
森の種セラピスト今神早苗です♪

成人式もすぎましたね!
皆様いかがお過ごしですか?

受験生がいらっしゃるご家庭では、シーズン真っただ中でいろいろとお疲れの事と思います。

余談ですが・・・「勉強がはかどる・記憶力がUPする・集中力が上がる」と言われている精油はローズマリー。
勉強する時などに、芳香浴をすると良いですね。

そして記憶の定着の為にも、しっかりと睡眠をとることも大切。
質の良い眠りには、ラベンダーやオレンジ、ベルガモット、カモミールローマンなどなどの芳香浴がお勧めです。

がんばれ受験生とそのご家族!!!
(でも頑張りすぎないで下さいね^^何事も緩急・バランスが大切です)

さてさて!今回は「花粉症対策のアロマセラピー活用法」のお話です。
そろそろシーズンがやってきますね^^;

私の経験からですが、花粉症には規則正しい生活・充分な睡眠・バランスのとれた食事・ストレスを溜めない・お酒を控える・煙草を吸わない等等が望ましいと思います。

元々腸が強くないのか、コーヒーや牛乳を飲むと下痢になりやすい体質。

「花粉症の症状を軽くしたい!」という思いもあり、毎朝飲んでいたコーヒーと牛乳をやめ、なるべくストレスを溜めないように心がけました。

時を同じくして、アロマセラピーの勉強をはじめていたので精油にもいろいろとお世話になりました^^
今では、軽い症状はありますが、以前に比べるととても楽にこの季節を過ごせるようになりました♪
辛い症状を乗り切る為に、アロマも活用してみてくださいね。


【鼻が詰まって苦しい時】【鼻水が垂れる、くしゃみが止まらない時】

☆ユーカリ(ラジアタ種がマイルドでお勧めです)
ヴィックスヴェポラップにも配合されているユーカリ。
(ちなみに・・・ヴェポラップにはユーカリの他には、ローズマリーカンファーやペパーミント、パインなどが入っているそうです)
風邪やインフルエンザの予防にも効果的と言われています

(使用例)

○ディフューザーなどに精油を入れ、芳香浴をする。

○ティッシュに1~2滴垂らして、香りを嗅ぐ。

○熱湯を入れたマグカップに1~2滴垂らして、蒸気を吸入する。
(頭が重い感じがする場合は、ローズマリーシネオールを1滴プラスすると良いですよ)

○植物油5ml(ホホバやスイートアーモンドなどのオイル)に、1滴入れてトリートメントオイルを作ります。
そのオイルを胸や首、背中に塗ります。
※トリートメントオイルを塗布する場合、注意事項あり。

☆ティートリー
優れた抗菌・抗真菌・抗ウイルス効果が期待できる精油です。
免疫力UPにも。

(使用例)

○ティッシュに1~2滴、香りを嗅ぐ。

○植物油15ml(ホホバやスイートアーモンドなどのオイル)に、ティートリー1滴、ユーカリ1滴、ジャーマンカモミール1滴(症状が軽い場合はローマンでも可)入れてトリートメントオイルを作ります。
そのオイルを胸や首、背中に塗ります。
※トリートメントオイルを塗布する場合、注意事項あり。

しばらくすると、鼻の通りが良くなったり、鼻水やくしゃみがおさまってきます(個人差あり)


<私の体験談>

以前、花粉症の症状がひどい時、ユーカリを1滴垂らしたティッシュをコットンのマスクの中に入れていました。

こんな感じのコットンのマスク
d0116870_10252393.jpg

間にユーカリを1滴垂らしたティッシュを入れます
d0116870_10265578.jpg

d0116870_10273416.jpg


とってもスッキリ!
寝るときの鼻づまりがしんどかったので、ティッシュに2滴ユーカリラジアタを垂らし(気分で睡眠の質を良くるすると言われるオレンジやラベンダーをプラス1滴)、枕元に置いて寝ます。
苦しくなく眠りにつけて、主人にも好評です。


その他にもペパーミントやラベンダーなどを加えて、エアーフレッシュナーを作っても良いですね♪

眼の痒みには、カモミールやラベンダーの芳香蒸留水でアイパックするのもお勧めです。
(アレルギーのある方は気をつけて下さい)


【注意事項】

☆塗布する場合は、使用前にパッチテストを行ってください。
(アレルギーのある方は特に注意して下さい)

☆妊娠・授乳中の方、乳幼児には皮膚塗布は避けて下さい。

☆お子様に塗布する場合も、体重を考慮し大人よりも精油の量を減らして(植物油の量を増やしても可)下さい。

☆病気療養中の方・持病のある方は、精油購入の際に専門家へご相談くださいね。

☆同じ精油を長期間にわたって使い続ける事は避け、3週間使ったら違う精油のブレンドをお使い下さいね。


花粉症の方には本当につらい季節ですが、ちょっとでも不快な症状が和らぎますように・・・


【お知らせ&雑記】

寒くて肩や首に力が入り、不調を感じている方が多いと思います。

力を抜き、リラックスするためにもアロマセラピーのトリートメントはおすすめです。

リラックスすると呼吸が深くなります。

深呼吸は身体や心にいろいろな影響を与えます。
(副交感神経の働きが優位になることから、末端の冷えや血圧を安定させたりする事等等が期待できます。深呼吸のリラックス効果

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

皆様のご予約、心よりお待ちしております^^

森の種
今神早苗
[PR]
by mori-no-tane | 2013-02-12 12:12 | アロマテラピー。
※しばらくこちらのページをトップページにしています!
最新の日記は、この下のページです^^
d0116870_8541158.jpg

こんにちは♪森の種セラピストの今神です^^

ぐっと寒くなってきましたね!
皆さんいかがお過ごしですか?
体調など崩していませんか?

前回に引き続き・・・
この季節お勧めのアロマテラピー活用法などを
ちょこっとご紹介いたしますね^^

冬の乾燥肌のスキンケアについて・・・
(メールマガジンとほぼ同じ内容です!すでに受信された方は重複しておりますのでご容赦くださいませm- -m)

<簡単(混ぜるだけ!)フェイシャルオイル作り>

乾燥肌に良いと言われている植物油と精油

【おすすめ精油】

☆サンダルウッド Santalum album
肌を柔らかくし、保湿効果も期待できます。
気分を鎮め、深くリラックスさせる精油です。

☆ローズオットー Rosa damascena
すべての肌質に。特に老化・乾燥・敏感肌に。
甘く華やかな香りで、幸福感を取り戻すと言われています。

☆ネロリ Citrus aurantium
乾燥・敏感・老化肌に。
緊張や不安を温かく包み、リラックスを促すと言われています。

☆キャロットシード Daucus carota
乾燥・老化肌に(ハリを失ってたるんだ肌に良いと言われています)。
他の精油とブレンドすると使いやすいです。

☆フランキンセンス Boswellia carterii
老化肌や乾燥肌に。
呼吸を深くさせるフランキンセンス。イエス誕生の際に、三賢人が捧げたと言われる聖なる香りです。

☆ゼラニウム Pelargonium graveolens
皮脂分泌のバランスを取ることから、すべての肌タイプに良いと言われています。
甘い香りの精油で、心身のバランスをとると言われています。

☆イランイラン Cananga odorata
皮脂分泌のバランスをとることから、乾燥肌にも脂性肌にも良いと言われています。
好き嫌いが分かれる香りですが、気持ちを明るくさせ、イライラを沈めると言われています。

☆ジャスミン Jasminum grandiflorum
乾燥肌・敏感肌に。
好き嫌いが分かれる香りですが、とても華やかな香りで幸福感をもたらと言われています。
水蒸気蒸留のものもありますが、溶剤抽出のジャスミンが多いです。
有機溶剤に敏感な方は注意して下さいね。

☆パルマローザ Cymbopogon martini
お肌の皮脂や水分のバランスを調整すると言われています。

などなど


【おすすめ植物油】

☆マカダミナッツオイル
乾燥肌・老化肌に。
若い人の皮脂に多く存在すると言われるパルミトレイン酸を多く含んでいます。

☆ホホバオイル
すべての肌質に。特に脂性肌や乾燥肌に。

☆スイートアーモンドオイル
すべての肌質に。

☆アルガンオイル
アンチエイジングに。
ビタミンEが豊富で、栄養価の高いオイル。

☆小麦胚芽オイル
乾燥・老化肌に。
粘性が強いため、他の植物油に10%程ブレンドして使うのがお勧めです。

☆アボガドオイル
老化・乾燥肌に。
こちらも他の植物油に10%程ブレンドして使うのがお勧めです。

その他、ザクロオイルやアプリコットカーネルオイルも乾燥肌に良いと言われています。

いろいろとありますが、扱いやすいのはホホバオイルやスイートアーモンドオイルです。


【用意するもの】

①ガラス容器10ml(20mlでも25mlでも30mlでも可。無印良品や生活の木などで売っています)

②消毒用のアルコール(ドラックストアなどに売っています)

③お好みの植物油10ml(20mlでも25mlでも30mlでも可)

④お好み精油2滴(20mlの場合4滴。25mlの場合5滴。30mlの場合6滴)


【作り方】

①ガラス容器を消毒用のアルコールで消毒します。(蓋も忘れずに)
アルコール消毒がなければ、煮沸消毒してください。
※水が常温の状態から瓶を入れ、火にかけて下さいね。割れる場合があります)

②ビンが乾いたら、お好みの植物油を10ml(20ml、25ml、30ml)入れます。

③その中へお好みの精油を2滴(20mlなら4滴、25mlなら5滴、30mlなら6滴)入れます。

④よく振って出来上がり♪♪♪


【おすすめの使い方】

(お顔に使用する場合)

①洗顔後、化粧水やローションなどでお肌に充分水分を補給します。
(芳香蒸留水などでローションパックするのが特にお勧めです^^)

②作ったオイルを手に取り(1円玉くらいのサイズ)、手のひら全体で温めお顔に塗ります。
その時、手のひら全体を使いお顔を覆い温めるようにするとより一層効果的です。

③乳液やクリームを塗ります。
化粧水もオイルもクリームも、首まで塗る事をお忘れなく♪

(身体に使用する場合)

入浴後、乾燥が気になる所に塗ります。
作ったオイルで心臓に向けて、やさしくマッサージするとなお効果的です♪


【保存方法など】

2~3週間を目途に使い切り、直射日光の届かない冷暗所に保存下さいね。

【注意事項など】

☆使用前にパッチテストを行ってください。

☆妊娠・授乳中の方、乳幼児には皮膚塗布は避けて下さい。

☆お子様にする場合も、体重を考慮し大人よりも精油の量を減らして下さい。

☆病気療養中の方・持病のある方は、精油購入の際に専門家へご相談くださいね。

☆同じ精油を長期間にわたって使い続ける事は避け、3週間使ったら違う精油のブレンドをお使い下さいね。



植物の優しい香りとエナジーに、心もほっと保湿されますように・・・

精油や植物油をどこで購入したら良いかなどなど、分からないことがありましたら気軽にお問い合わせくださいませ♪


【お知らせ】

森の種は年内28日まで営業しております。
年明けは5日から営業しております。

皆様にお会い出来ます事を楽しみにしております^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪


森の種
アロマセラピスト 今神早苗
[PR]
by mori-no-tane | 2013-01-11 11:11 | アロマテラピー。
こんにちは。森の種セラピストの今神(いまがみ)です^^

今年もあとわずかですね!
皆様いかがお過ごしですか?

年末は何かと忙しく、疲れを溜めこみがち・・・

そんな時は、ちょっと立ち止まって深呼吸してみてくださいね♪

それでもしんどい時は、どうぞ森の種にお越し下さいませ^^
(新年は5日より、今年は28日まで営業しております)


さてさて、今日は手作り石鹸のお話です^^

私は今年から石鹸を手作りするようになりました。

元々お肌がそんなに強くないのと、ボディーソープのヌメヌメした感じが好きでないこともあり、過去7年間位「作りたい!」と思いつつも、手作りされている方より購入していました。

なぜ自分で作らなかったというと・・・「苛性ソーダを扱うのがなんか怖い」からでした^^;

「自分で作った方が楽しいよ!手作り石鹸教室にいらっしゃい♪」と石鹸の購入先でもあるクレイの先生に言われ、ようやく重い腰をあげました。

苛性ソーダの扱い方や注意点など、しっかりと守ればそんなに怖くないことが実感できました!

作り方やレシピもですが、準備や後片付けなどの注意点もしっかり教わって、初めての石鹸作りはとても楽しかったです^^

せっかく教えていただいたのですから、自分でも作ってみよう!といろいろなレシピが知りたくて、手作り石鹸の本を何冊も読みあさりました。

こちらがわかりやすくておすすめです↓
前田京子さんの「オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る」も購入。
オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック

道具は、7年くらい前に当時勤めていたアロマサロンの同僚の方に温度計などをプレゼントしてもらっていたので(本当に長い間使わずスミマセン!)、少し買い足すぐらいですぐに作ることができました!

石鹸作りは楽しいです♪

自分や家族、季節やお肌の状態に合わせてオーダーメイド感覚で石鹸が作れるんです。

なぜもっと早く手作りしなかったのだろうと思います^^;

もう少し色々な石鹸を作り経験を積んだら・・・「皆様にも石鹸作りを実際にお教えしたい!」なんて思っております^^


【今月仕込んだ石鹸のレシピ】
(今回は精油なしです)
d0116870_79454.jpg

オリーブオイル 433g
パーム核油    60g
アボガド油    47g
ココアバター   30g
マンゴーバター  30g

苛性ソーダ    72g

カモミールとラベンダーとレモンバームのハーブティ
233g

イエローイライト
小さじ1杯

ホリーのフラワーエッセンス
数滴


※今回も混ぜている時にヒーリングタッチしました。
「この石鹸を使う人にとって最高の事がおこりますように・・・☆」


出来上がりは2月初旬ころです^^楽しみ~


読んで下さりありがとうございました♪
今日も素敵な1日を☆

森の種
今神早苗
[PR]
by mori-no-tane | 2012-12-26 07:09 | アロマテラピー。

季節のおすすめアロマ。

※しばらくこちらのページをトップページにしています!
最新の日記は、この下のページです^^


こんにちは♪森の種セラピストの今神です^^

寒くなってきましたね。
季節の変わり目、皆さんいかがお過ごしですか?
体調など崩していませんか?
元気で過ごし、色づき始めたきれいな紅葉が楽しめるといいですね♪

前回に引き続き・・・
この季節お勧めのアロマテラピー活用法などを
ちょこっとご紹介いたしますね^^

インフルエンザ、風邪予防の対策に・・・

【お勧め精油

☆ユーカリラジアタEeucalyptus radiata
☆ラヴィンサラCinnamon camphora BS 1,8-cineole
☆レモンCitrus limon
☆ローズマリーシネオールRosmarinus officinalis BS 1,8-cineole
などなど

※妊娠・授乳中の方、3歳未満の乳幼児は芳香浴のみに留めて下さいね。
※高血圧・癲癇の方はユーカリやローズマリーの皮膚塗布は避けて下さいね。
※レモンは光毒性があります。皮膚塗布後12時間は日光に当たるのを避けて下さいね。
※病気療養中の方・持病のある方は、精油購入の際に専門家へご相談くださいね。
※同じ精油を長期間にわたって使い続ける事は避けて下さいね。

【おすすめ活用法】

☆芳香浴
上記の精油の中からお好みの香りを選び(数種類ブレンドすることがおすすめ)
芳香浴する事をお勧めします♪

空気清浄効果や抗菌・高ウィルス作用や
呼吸器系の不調改善(せきや痰、鼻づまりなど)、
風邪の初期症状改善や免疫強化などなどが期待できますよ。

”芳香拡散器”がないという方でも・・・

ティッシュペーパーに上記の精油を1~2滴垂らし、
垂らした面を内側に折り込み(肌に直接当たらないようにする)
枕元に置いたり、洋服の胸ポケットに入れたり(女性はブラにはさんだり)しても
芳香浴を楽しめますよ。

人ごみの中や病院へ行く時は、
特にこのティッシュ芳香浴がお勧めです♪
人ごみに行くと何故か疲れる、病院へ行くと余計に具合が悪くなる気がする・・・という方は、
ジュニパーベリーjuniperus communuisをプラスしてブレンドすることをお勧めします。

※精油を垂らした部分が皮膚に当たらないように注意して下さいね。
また、衣服ついた場合、シミになる可能性がある精油もあります。
精油を垂らした所を内側に折りたたんでお使い下さいませ♪

また、エアーフレッシュナーを作ることもお勧めです♪

☆エアーフレッシュナー

(用意するもの)

①上記の精油の中から、お好きな香りの精油を3~4種類・・・30滴
(他の精油もお持ちで、上記の精油を香りが合いそうならばブレンドしてみて下さいね)
②無水エタノール・・・35ml(薬局で売っています)
③精製水・・・15ml(薬局で売ってます。ミネラルウォーターでも可)
④スプレー容器50mlサイズ(出来ればガラス。100円ショップにも売っています)

(作り方)

①無水エタノールを計ってスプレー容器に入れます。
(ビーカーがなければ計量カップなどでもOK。もしくは目分量で容器の2/3位入れてもOK)
②上記の容器に精油を30滴入れ、ふたを閉めてよく振ります。
(精油は慎重に数えて入れて下さいね)
③精製水を計って、上記の容器に入れます。
(ビーカーがなければ計量カップなどでもOK。もしくは目分量で容器の残り1/3入れてもOK)
④スプレー容器をよく振って出来上がりです。

※使用する時は、その都度よく振ってから使って下さい。
※人やペット、家具等に直接かからないようにスプレーして下さいね。
※直射日光のあたらない涼しい場所に保管し、2~3か月以内に使い切って下さいね。

ちなみに・・・
☆ユーカリの支配星は土星。
土星を支配星に持つ精油の特徴は浄化・消毒だそうです。
スピリットとアロマテラピーより
スピリットとアロマテラピー―東洋医学の視点から、感情と精神のバランスをとり戻す
『湿地帯を乾燥させる高木のエッセンスは、
私たちにもっと視野の広い人生観を育てる可能性を与えます。
浸透し、浄化するユーカリ油は、限定した環境に私たちを閉じ込める、気が塞いでぼんやりした心の状態を一掃するのです。』

ユーカリの生育環境を考えるとなんか納得ですね~。
オーストラリア原産で、環境適応力が強く、根から水分を吸収する力もとても強力。
大きいものは高さ100mを超えるものもあります。

抗菌・抗ウィルス作用が期待でき、
特に鼻づまりで苦しい時に芳香浴する事がお勧めです。
花粉症の季節にも大活躍してくれますが、
風邪の季節にもとってもおすすめですよ。


☆ラヴィンサラの支配星はなんでしょうね?
特徴から考えると(活力を与える感じ)太陽のような気もするなぁ。

自然治癒力を高め、抗菌・抗ウィルス作用が期待でき、
心身共に活力を与えると言われているラヴィンサラ。
肩こりや筋肉疲労にも良いと言われています。
(ラベンサラRavensara aromaticaとラヴィンサラCinnamon camphoraは違う精油でので注意して下さいね)

す~っとスッキリした香りで、
私個人の感想は香りがす~っと上まで抜けていく感じと、
下向きにもす~っと胸の辺りまで浸透する感じがします。
浄化と考えると土星なのかなぁ?
でも個人的には太陽っぽい感じです。


☆レモンの支配星はなんでしょうね?
月だったり、水星だったり、金星と海王星?と記してあるものもあります。

お部屋の空気清浄や、消毒殺菌などが期待できるレモン。
混乱した心や頭をリフレッシュさせ、
不安を和らげて冷静さを取りもす、と言われています。

風邪をひきそうな時って、レモンやみかんなどを食べたくなります。
ビタミンCを身体が求めるのかしら?
でも、同じようにビタミンCを多く含むイチゴやキウイじゃないんですよね~
みかんやレモン(レモンは蜂蜜漬けとか)が食べたくなります。
果皮の香りを求めている部分もあるのかなぁ?
実際、レモン精油やオレンジスィート精油、マンダリン精油やライム精油など
果皮を圧搾して精油を採取します(水蒸気蒸留法の精油もありますが)。
これらの精油も風邪の季節に使うといいですね。


☆ローズマリーの支配星は太陽。
心身共に活力を与える精油。

頭脳明晰作用や集中力を促す作用などが期待できます。
感染症の予防や、筋肉痛・リウマチ痛にも良いと言われています。
昔、フランスでは消毒や殺菌目的でローズマリーを焚いていたそうです。

サトルアロマテラピーより
パトリシア・デーヴィスのサトル・アロマテラピー―エッセンシャルオイルを使ったスピリチュアルな癒し
『ローズマリーオイルは霊的防御となり、特に外部の影響に自らをさらす前の朝1番に使うといいでしょう。
~中略~
中世のヨーロッパでは、この植物は場所や人から悪霊を追い払うために使われました。』

古くから若返りのハーブとも言われているローズマリー。
鳥取大学医学部の研究でも(http://hyperbrainlabo.com/cgi-data/shiryo/10003-1-1269180074.pdf)ローズマリーとレモンの香りが認知症の予防に役立つと言われています。
研究では、アルツハイマー型認症がもの忘れよりも嗅覚障害(においがわかりにくくなる)が先に起こることがわかり、
ローズマリーとレモンの精油が最も嗅覚の神経細胞を活性化されることがわかったそうです。



気候もどんどん寒くなってきて、乾燥しやすい季節ですね。
風邪やインフルエンザにならないように、加湿器を使用したり、
バランスの良い食事や睡眠・休養をしっかりとって下さいね♪

そして空気清浄やストレス解消・気分転換に、
アロマテラピーを活用してみて下さいませ^^

素敵な季節になりますように☆

最後まで読んでいただき、ありがとうございます♪


森の種
アロマセラピスト 今神早苗
[PR]
by mori-no-tane | 2012-12-12 12:12 | アロマテラピー。
こんにちは。森の種セラピストの今神です^^
皆さまいかがお過ごしですか?

先日からアロマフランスさんのクレイ完全講座を受講しています。

動機は以前も書きましたが・・・クレイの活用が美容パックだけではもったいない!という経験をしたことからです。

授業後、早速旦那さんで実験です♪

強い肩コリを訴えていたので、僧帽筋にかけてイエローイライトでパック。(本来グリーンイライトでするところでしょうが、グリーンが残り少なかったのでイエローで。でもイエローもとってもヒーリング効果が高いそうです。)

写真を撮り忘れたので・・・

d0116870_737935.jpg


こんな感じに1㎝程の暑さでパック(絵がヘタですみません^^;)

パック中(約30分ほど)に足のマッサージと肩へのヒーリングタッチをしました。(精油は旦那さんがラベンダーファインとラヴィンサラとレモングラスをチョイス。)

パック後、背中への軽いマッサージをし仰向けになってもらい眼のフローをして終了。

さてさて、感想は・・・「おっ!んっ?!軽い・・・悔しいが軽い・・・楽・・・」

「悔しい」ってなんだよ(笑)

でも気に入ったようで「またやって♪」と言っておりました。

肩コリには手首へのパックもお勧めです。(授業で2度ほど手首にパックしていただいたのですが、手首の稼働域が拡がるだけでなく肩の重さが軽くなりました)

メニューに加えられるようにこれから半年しっかり勉強していこうと思います^^

今日も素敵な1日を☆

森の種
今神早苗
[PR]
by mori-no-tane | 2012-12-06 07:42 | アロマテラピー。

シダーウッドと呼吸。

d0116870_6495074.jpg

こんにちは^^皆さまいかがお過ごしですか?

先日、こちらの方がお勧めしていた本を読み終えました。

デンタルアンチエイジングとアロマセラピー―香りの多様な働き・作用で美と健康をサポートする (香りで美と健康シリーズ 4)
デンタルアンチエイジングとアロマセラピー―香りの多様な働き・作用で美と健康をサポートする (香りで美と健康シリーズ 4)

とても興味深い内容が盛りだくさんでした。

以下、フレグランスジャーナル社のHPより抜粋です。

『本書は、アロマセラピーとアンチエイジング医学の両分野を専門とする臨床歯科医師が、
アンチエイジングの実際について、研究データを用い、領域別にやさしく解説しています。
各章において、アンチエイジング医学で実用または研究されている精油の現状と将来について詳述します。』

誤嚥性肺炎予防に効果的な精油のお話(ブラックペッパー)や、
活性酸素を抑えることが期待できる精油(ラベンダーファインなど)の研究結果のお話、
シワのや改善予防に活用できる精油(ヘリクリサムなど)のお話などなど。
どれも興味深く、面白いお話がたくさん書かれています。

本の中で、ちらっ(3行程度)と書かれていたシダーウッドのお話。
以下本文より抜粋

「シダーウッド精油の香りが嗅覚神経系を介して自律神経機能に影響する事から、
将来的に睡眠時無呼吸症候群の治療に活用できるのではないかという報告など(以下省力)・・・」

夜、目が覚めると・・・
お隣で就寝中の旦那君の呼吸が止まっていることが度々あり
気になっていたので「これは試してみよう♪」と思いました。
(この様によく実験台にされる家族たち・・・ありがとうございます^^)

ティッシュペーパーに
シダーウッド1滴と
(鼻もつまりがちと言っているので)ユーカリラジアタを2滴垂らし、
畳んで枕元に置いておきました。

現在1週間弱試しています。

夜、眼が覚めた時に旦那君の様子をチェックしているのですが
あの独特の呼吸が止まっている感じ
(ゴーゴーというイビキが突然止まり、数秒後に水から上がった様に空気を吸う感じ)
がありません♪スゴイかも!

しかし、毎夜目を覚ましてチェックしている訳ではありませんので
効果の程はわかりませんが・・・^^;
気がつく範囲ではあの止まった感じは見受けられませんでした。

今後、ドクター達の研究が進むことを期待しています^^

この「香りで美と健康シリーズ」、
他の本もチラッと本屋さんで立読みさせていただいたのですが
どれも興味深い内容でした!
他の本も読んでみようと思っています。

今日も素敵な1日を☆
[PR]
by mori-no-tane | 2012-11-27 06:52 | アロマテラピー。

Flow続き。

こんにちは^^先日の続きです。

身体の声を聴き、その声のまま自由に表現(動かす)した後、
(眼とつながりがあるという)股関節の運動や
『触覚を引っ張り上げる』というワークをしました!

私たち人間も昆虫などにある触覚があるそうで
その触覚をゆっくりとひっぱるというワーク。

なんだか不思議なのですが・・・
触覚を引っ張ると目の奥の方もひっぱられるような感覚がおきました。
不思議です^^

そして眼をあけると視界が明るいというか、
粒が細かく見えるというか・・・
解像度が上がったみたいな感じで、
まわりの景色が鮮明に見えました。
面白いです♪

その後、目の(自分で出来る)セルフフローをしました。

「経絡やツボを圧す」という感じではなく、
そのあたりに手をあててフロー(流れ)を待ち、
その流れ(身体から出てくるもの)に合わせサポートしていく。

その時になんと!
アロマフランスのドミニク先生から全員にスペシャルプレゼント!?
紫宮のツボあたり(胸骨あたり)に、
温めたレッドクレイ湿布をしていただきました♪
気持ち良かったです^^
(今週末からアロマフランスさんのクレイ講座を受講しますが、本当に楽しみです☆)

セルフの後は、ペアになって眼のフローを行っていきました。

これは家族や友人たちに練習台になってもらって、
たくさんの方にしてみたいと思います。
感覚をつかみ精度?が上がり、
施術に取り入れていけたらいいなと思います。

眼が疲れている方は多いですもんね。

長くなってしまいました!
読んで下さりありがとうございます。

今日も素敵な1日を☆
[PR]
by mori-no-tane | 2012-11-24 07:27 | アロマテラピー。

Flow。

d0116870_7225559.jpg

こんにちは^^めずらしく続けて更新です!
昨日、アロマフランスさん主催のワークショップに参加してきました。

講師は、スピリットとアロマテラピーの訳者でもあり、
鍼灸指圧マッサージ師・アロマテラピスト・
クラニオセイクラル療法家でもある前田久仁子先生です。
(とっても素敵な方でした♪)
ワークショップの題名は「眼のフロー(Flow)」。

Flowってなんだろう?
単語の意味を調べてみると

「(絶え間なく)流れる、流れ出る、湧き出る」
「流れるように動く」
「流れるように通る、すらすらと流れ出る、流れるように(さらりと)垂れる、風になびく」

実はワークショップ後に調べてみました^^;
で、納得!
単語にするとまさにそんな感じです。

身体から出る微細(サトル)な流れ(エネルギー)を感じ、
それを表現する(表に出してあげる)。

感情や思考でなく、身体を感じ、その声に耳を傾ける。

身体が出している声を聴き、
その表現されていないを声を身体を動かすことによって表に出してあげる。

表に出すことによって、その声は認めらたと感じ、
安心して身体が呼吸出来るようになる。

施術者としても、
お客様の身体の声を聴き、湧き出てくる流れと共にいる(介入でなくアシストする)。

アロマテラピーのマッサージでも、
エサレンボディワークでも、とても大切とされている「身体の声を聴く」という事。

アシストの仕方や技術はいろいろでも、
大切なところ(コア)は同じ(身体の声を聴く)なのですね。


WS(ワークショップ)では、エサレンのムービングみたいな感じのことを最初にしました。

音楽のないムービングみたいな感じ。

身体を感じ、声を聴き、身体が動かしたいように自由に動かす。

これとっても気持ちいいです。
そしてやっぱり身体と心は繋がっているな~と感じます。
身体の声を聴き、表現してあげると、心の声も聴こえてきます。
(私の場合は膝の声が一番大きな声をあげていました!ふふふ^^)

時間がなくなってしまいました!
次回につづきます。

今日も素敵な1日を☆
[PR]
by mori-no-tane | 2012-11-22 08:07 | アロマテラピー。

触れること。

こんにちは^^お元気ですか?
d0116870_103843100.jpg

先日、大阪で講座のアシスタントをさせていただきました。
前回よりも南の場所なのかな?いまいち地理がわかっていません^^;)

ハンドとふくらはぎマッサージの実習があり、
お2人1組になってお互いにマッサージをしていただく時間がありました。

マッサージに使ったオイルは
ホホバオイルに真正ラベンダーとオレンジをブレンドしたものと
同じくホホバにローズマリーとレモンをブレンドしたものでした。
(どちらも精油濃度は1%だと思います)

マッサージ後の肌色と、していない方の手や足の肌色の違いに皆さん驚かれていました♪
血液やリンパ液の流れがよくなり(血行が良くなり)、滞っていた老廃物などが運び出されて
肌色が本来のきれいな色になるんですね。
「色が白くなったわぁ」ときらきらした笑顔で話される皆さん。
とっても素敵でした♪

森の種でも全身のトリートメンをすると、
血行が良くなってお顔の色も白くなる方が多いです。
私も全身のトリートメントをしていただくと
お顔のトリートメントをしていなくても肌色が白くなります。

寒くなってきて、血行も悪くなりがちです。
運動や入浴、食事はもちろんですが、
マッサージも血行促進に活用してみて下さいね。

手によるあたたかく優しいマッサージは
心もほっこりと温まりますよ^^

気持ちの良いタッチのコツは?

まずは深呼吸^^そして手首や肩の力を抜きます。
マッサージする部位(肌)に手をピッタリとつけるようにし、
ゆっくりとしたリズム(呼吸に合わせて)でマッサージします。

そして心の中では(実際に声に出してもOK♪)

「ありがとう。○○」と思いながらマッサージします。

○○のところは脚や手、肩や顔などマッサージをする部位を入れて下さい。
自分の肌や筋肉、骨や関節、細胞の一つ一つに感謝の気持ちを込めてすると・・・

とっても身体が喜びますよ^^


私はアロマテラピーを勉強中の頃、エステサロンで働いていました。
サロンのオーナーであり、エステティシャンであり、
温熱療法もされている先生から言われた言葉は今でも私の基本になっています。

「触れている時に、いろいろ考えちゃダメよ。手を通して何でも伝わるから。」

皮膚の感知力のところでも書きましたが、
私たちの身体は、想像以上に敏感で
いろいろな事を察知できるのだと思います。

ベテランエステティシャンである彼女は、
経験からその事を知っていたのでしょうね。
(ひよっこ時代にとても大切な事をたくさん教えていただきました!
感謝です。)

皆さんも自分自身に触れるとき、ご家族やお友達に触れるとき、
愛情と優しさで触れてみて下さいね♪

今日も素敵な1日を☆
[PR]
by mori-no-tane | 2012-11-05 10:41 | アロマテラピー。