湖国にてアロマテラピーをもちい、ヒトの体に触れるお仕事をしています。


by mori-no-tane

Flow。

d0116870_7225559.jpg

こんにちは^^めずらしく続けて更新です!
昨日、アロマフランスさん主催のワークショップに参加してきました。

講師は、スピリットとアロマテラピーの訳者でもあり、
鍼灸指圧マッサージ師・アロマテラピスト・
クラニオセイクラル療法家でもある前田久仁子先生です。
(とっても素敵な方でした♪)
ワークショップの題名は「眼のフロー(Flow)」。

Flowってなんだろう?
単語の意味を調べてみると

「(絶え間なく)流れる、流れ出る、湧き出る」
「流れるように動く」
「流れるように通る、すらすらと流れ出る、流れるように(さらりと)垂れる、風になびく」

実はワークショップ後に調べてみました^^;
で、納得!
単語にするとまさにそんな感じです。

身体から出る微細(サトル)な流れ(エネルギー)を感じ、
それを表現する(表に出してあげる)。

感情や思考でなく、身体を感じ、その声に耳を傾ける。

身体が出している声を聴き、
その表現されていないを声を身体を動かすことによって表に出してあげる。

表に出すことによって、その声は認めらたと感じ、
安心して身体が呼吸出来るようになる。

施術者としても、
お客様の身体の声を聴き、湧き出てくる流れと共にいる(介入でなくアシストする)。

アロマテラピーのマッサージでも、
エサレンボディワークでも、とても大切とされている「身体の声を聴く」という事。

アシストの仕方や技術はいろいろでも、
大切なところ(コア)は同じ(身体の声を聴く)なのですね。


WS(ワークショップ)では、エサレンのムービングみたいな感じのことを最初にしました。

音楽のないムービングみたいな感じ。

身体を感じ、声を聴き、身体が動かしたいように自由に動かす。

これとっても気持ちいいです。
そしてやっぱり身体と心は繋がっているな~と感じます。
身体の声を聴き、表現してあげると、心の声も聴こえてきます。
(私の場合は膝の声が一番大きな声をあげていました!ふふふ^^)

時間がなくなってしまいました!
次回につづきます。

今日も素敵な1日を☆
[PR]
by mori-no-tane | 2012-11-22 08:07 | アロマテラピー。