湖国にてアロマテラピーをもちい、ヒトの体に触れるお仕事をしています。


by mori-no-tane

触れること。

こんにちは^^お元気ですか?
d0116870_103843100.jpg

先日、大阪で講座のアシスタントをさせていただきました。
前回よりも南の場所なのかな?いまいち地理がわかっていません^^;)

ハンドとふくらはぎマッサージの実習があり、
お2人1組になってお互いにマッサージをしていただく時間がありました。

マッサージに使ったオイルは
ホホバオイルに真正ラベンダーとオレンジをブレンドしたものと
同じくホホバにローズマリーとレモンをブレンドしたものでした。
(どちらも精油濃度は1%だと思います)

マッサージ後の肌色と、していない方の手や足の肌色の違いに皆さん驚かれていました♪
血液やリンパ液の流れがよくなり(血行が良くなり)、滞っていた老廃物などが運び出されて
肌色が本来のきれいな色になるんですね。
「色が白くなったわぁ」ときらきらした笑顔で話される皆さん。
とっても素敵でした♪

森の種でも全身のトリートメンをすると、
血行が良くなってお顔の色も白くなる方が多いです。
私も全身のトリートメントをしていただくと
お顔のトリートメントをしていなくても肌色が白くなります。

寒くなってきて、血行も悪くなりがちです。
運動や入浴、食事はもちろんですが、
マッサージも血行促進に活用してみて下さいね。

手によるあたたかく優しいマッサージは
心もほっこりと温まりますよ^^

気持ちの良いタッチのコツは?

まずは深呼吸^^そして手首や肩の力を抜きます。
マッサージする部位(肌)に手をピッタリとつけるようにし、
ゆっくりとしたリズム(呼吸に合わせて)でマッサージします。

そして心の中では(実際に声に出してもOK♪)

「ありがとう。○○」と思いながらマッサージします。

○○のところは脚や手、肩や顔などマッサージをする部位を入れて下さい。
自分の肌や筋肉、骨や関節、細胞の一つ一つに感謝の気持ちを込めてすると・・・

とっても身体が喜びますよ^^


私はアロマテラピーを勉強中の頃、エステサロンで働いていました。
サロンのオーナーであり、エステティシャンであり、
温熱療法もされている先生から言われた言葉は今でも私の基本になっています。

「触れている時に、いろいろ考えちゃダメよ。手を通して何でも伝わるから。」

皮膚の感知力のところでも書きましたが、
私たちの身体は、想像以上に敏感で
いろいろな事を察知できるのだと思います。

ベテランエステティシャンである彼女は、
経験からその事を知っていたのでしょうね。
(ひよっこ時代にとても大切な事をたくさん教えていただきました!
感謝です。)

皆さんも自分自身に触れるとき、ご家族やお友達に触れるとき、
愛情と優しさで触れてみて下さいね♪

今日も素敵な1日を☆
[PR]
by mori-no-tane | 2012-11-05 10:41 | アロマテラピー。